本文へスキップ

株式会社戦略データベース研究所は、企業における「三位一体の特許情報活動」の定着を目標としています。

Google
Web検索サイト内検索

プロフィールPROFILE

プロフィール

1966年 東京大学理学部化学科卒業
1966年 旭化成工業株式会社(現、旭化成株式会社)入社
 1966~1970年 ゴムアスファルトの開発に従事
 1970~1977年 不織布の開発に従事(商品名:ベンリーゼ)
          後に、繊維学会技術賞、発明協会地方発明賞受賞
 1977~1987年 人工腎臓用中空糸の開発に従事
 1983~1989年 ウイルス分離膜の開発に従事(商品名:プラノバ)
          後に、繊維学会技術賞、文部科学大臣発明奨励賞、日本化学会技術賞受賞
 1989年 九州大学より工学博士号授与
 1989~1993年 アクリル繊維技術開発部長
 1993~1997年 カシミロン工場長
 1997~2004年 知的財産部(常務理事)
         次長、技術情報センター長、部長
2004年 旭化成株式会社退社
2005~2011年 東京農工大学大学院技術経営研究科技術リスクマネジメント専攻教授
         知的財産通論、知的財産管理学、知的財産管理防衛論、バイオテクノロジー知財戦略論、
         先端機械知財戦略論を担当
現在、株式会社知財デザイン取締役、知財高裁専門委員、企業研究会参与、MOT学会誌編集委員、日本繊維技術士協会客員、知財国家検定試験委員、等を務める


所長メッセージ

 企業活動において、事業・研究開発・知財戦略の三位一体による展開が重要であること、戦略策定・推進に情報、取り分け特許情報の活用が重要であることが強調されています。
 さらに昨今では、プロパテントからプロイノベーションへの転換が提唱され、そのイノベーション活動において特許情報を重視すべきことが各方面で指摘されています。
 しかしながら、多くの企業において、まだこれらの活動が十分に定着しているとは言えません。
 私は、企業の現場において、「三位一体の特許情報活動」の定着を図る活動を長年にわたって進めてまいりました。日本が21世紀の世界経済の中で引き続き重要な役割を果たしていくために、「三位一体の特許情報活動」が日本企業に定着していくことが欠かせません。
 日本企業の研究者、知財担当者、特許情報担当者の皆さんと手を携えて、この目標を達成して行きたいと考えております。


会社沿革

2010年11月11日
会社設立
2011年
ホームページ公開開始

バナースペース

株式会社戦略データベース研究所

〒243-0402
海老名市柏ケ谷701-1-108

TEL/FAX 046-289-3106
携帯   080-6738-0166
E-Mail  t-tsurumi@sdb-ri.com